保育内容

はじめに

宗教法人清躰寺が寺院の使命として、社会に開かれた場であることを願い、あそか保育園を開園しました。 本園では、浄土真宗の宗祖親鸞聖人のみ教えに基づいて、「仏のこども」を育てることを目標としています。 浄土真宗本願寺派(西本願寺)が全国約1050ヶ園の幼稚園・保育園で実践している「まことの保育」の理念に基づき、 保育のあらゆる方面で具体的にその実践・展開を行っています。

保育理念

「人生を自分らしく生き、社会に貢献できる人」を育てたい

保育の基本方針

保育時間

平日7:00~20:00(延長保育を含む)
土曜日7:30~16:30
土曜日は希望保育となっていますので、水曜日までにクラス担任に申し込んでください。
休園日日曜日・祝日・年末年始・行事などの代休

まことの保育

親鸞聖人の生き方に学び、生かされているいのちに目覚め、ともに育ち合う
人は誰もが親や大人から愛されて、自分が認められたいと願っています。 しかし私たち大人は、知らず知らずのうちに自分の物差しで子どもを計って、その輝きを奪い取ってるのではないでしょうか。
子どもたち一人ひとりの声を聴いてくうちに、そんな私の姿が照らし出され、傲慢な自己に気づかされます。 親鸞聖人は法然上人との出遇いを通して、このような人間の本来の姿に目覚められ、阿弥陀如来のお慈悲の中で、仏恩の思いからすべてのものを隔てなく慈しみ、常に力強く人生を歩まれました。
私たちは自分一人の力で生きていると思いこみ、毎日を当たり前のように過ごしています。 しかし本当はそうではなく、他の多くのものとのつながりの中で、生かされて生きているのです。 それぞれにいのちの輝きがあり、互いにその違いを認め合い、ともに生き、ともに育ち合うことを目指していきたいと思います。

保育者の思いとは・・・
  • いつも子どもの心を見つめている保育者
    子どもの立場に立って、子どもの目の高さでひとりひとりの子どもの世界を見つめ、子どもがなにを考えどのように動いているかをとらえることのできる保育者
  • いつも子どもの心身の成長を問いつづけている保育者
    日々の自己の保育の姿を振りかえって反省し、どのようにしたらよりよい保育ができるかを考え、子どもとともに育ちあっていくという姿勢をとることのできる保育者
  • 子どもの可能性を信頼している保育者
    単なる「できる」「できない」だけで子どもを判断せず、それぞれの子どもが持っている可能性を信頼し、個々がもっている能力を正しく伸ばしてあげられる保育者
  • いつでもどこでも保育者であるという自覚を持った保育者
    日々の生活の中でも保育者として社会を見つめ、さまざまな問題を保育者の立場から考えられる保育者
まことの保育がめざす子どもたちとは・・・
  • 阿弥陀様をおがむ子ども
    つよく あかるく ゆたかな心をそなえた子(信順・賛嘆・歓喜)
  • ありがとうの言える子ども
    感謝と協調のできる子(照育・反省・報謝)
  • み教えをよくきく子ども
    聞く態度を身につけ、探求と想像と自立に燃える子(聞法・領解・精進)
  • みんなと仲よくする子ども
    たがいにたすけあうことによろこびを感じ、仲間づくりにはげむ健康で元気な子(報恩・和合・奉仕)
ページのトップへ戻る